最近のランドセル事情について解説

ランドセルは小学生になるお祝いとして買う人も多いでしょう。しかし、入学式前に用意すればいいという考えでは、すでに売り切れてしまうこともあるため注意する必要があります。人気のデザインやブランドでは、夏休み前に完売してしまうことが珍しくないからです。最近の傾向として、高価なブランドものと、お手頃価格のものとの二極化が進んでいます。同じ色でも、ステッチの色を変えるだけでも、印象は大きく変わります。子供が好きなデザインを買うためには、できるだけ早く行動した方がいいかもしれません。最近はカラー展開が豊富になっている分、一色あたりの個数が限られています。オーダーをする場合も、限定数があるケースも少なくありません。子供と親が納得したものを選べるようにしましょう。

豊富なカラー展開が進んでいます

女の子は赤、男の子は黒のランドセルという時代は終わりました。最近は、水色はもちろん、黄色やピンク、ラベンダーなどたくさんのカラー展開があります。女の子向けの方が、派手な色が多いという印象を持つ人もいるでしょうが、男の子のものであっても、黒以外にもブルーやグリーンが用意されています。少し暗めの色に人気があるようです。また、同じ色であっても、ステッチや刺繍が変わるだけで印象は大きく変わります。オーダーで作ることができるものも用意され、世界でひとつだけのオリジナルを作ることも可能です。もちろん、A4のファイルが入るなど、学位品がきちんと入るのかということも大切ですが、毎日使うものだからこそ、子供が好きな色やデザインを選んであげると、長く使うことができます。

価格帯による二極化が進んでいます

ランドセルは、高額なブランドもの、中間ブランド、格安ブランドと大きく分けて三つあります。その中でも、高額なブランドものは夏休み前に売り切れてしまうことが多く、人気の高さが分かります。価格帯による二極化が進んでいて、格安ブランドを求める人も少なくありません。このような現象は、少子化によるもので、高額ブランドを早めに予約して入手する人がいる一方、値下がった去年のモデルを積極的に買うという人もいます。ランドセルはどれでも同じように見えて、軽量化や肩への負担など、それぞれのメーカーが毎年工夫して作り上げています。実際に背負わせてみて、子供が使いやすいものを選ぶといいでしょう。素材として使われる皮などによって、価格は大きく変わってくるのでよく確認しましょう。