どんなランドセルが選ばれているのか

子どもが小学校に入学する時は色々な準備が必要です。制服など、ぱっとすぐ頭に浮かぶものから細かいものまで様々なものを用意しなければなりません。その中の代表格として準備すべきものが、ランドセルです。一昔前とは違い、現在は本当にたくさんのものから選ぶことができます。メーカーやブランド、形、色などなど、選ぶのに困ってしまうことです。値段も気になるところです。有名なブランドの物などは、驚くような高額商品もありますし、大型のスーパーなどでは、かなり安く手に入れることもできます。長く使うものではありますし、子どもとってできるだけ良い選択をしてあげたいところです。一般的に、どのようなものが選ばれているのか、その種類や特徴、条件を細かく見ていきます。

基本的な条件として軽くて丈夫なこと

5年生や6年生になって体が大きくなってくると話は別ですが、特に1年生や2年生のまだ体が小さなうちは、ランドセルの軽さはとても重要な要素となります。通学距離にもよりますが、あまり重たいものだと子どもの体力では疲れてしまいます。軽い事は大きなメリットです。ただ、軽量化を図るあまり丈夫さを失ってしまったのでは長く使うことができません。子どもにはできれば6年間使用して欲しいと思う親がほとんどなので、壊れにくいことも大切な条件です。軽里と丈夫さを両立させたようなモデルがベストです。この2つの条件は一見相反するようにも思えますが、技術の進歩や企業の努力により、現在ではこの条件を満たしたタイプのものが多く販売されています。きちんと選べば見つけることができるので、まずはこの2点をチェックすべきです。その中から価格面なども考慮に入れて選ぶと良いです。

中に物を入れる収納力も大切なポイント

ランドセルは小さな子どもでも、荷物を入れて背負うことで両手を自由使うことができ、便利さや安全性をもたらしてくれるカバンです。カバンである以上、収納力は高いに越した事はありません。教科書やノート、筆記用具などを入れて学校の行き帰りで運ぶのが基本ですが、近年使用が増えているのが、A4サイズのクリアファイルです。これが折れずにきれいに収まることが、収納力の1つの目安になります。斜めにしないと入らないようだとそれがずっとストレスになります。横幅に十分なスペースがあればきれいに収納でき、便利です。ポケットなどにも工夫をしてあるものが多く、数がたくさんあるものはよく見かけますが、それぞれがあまり大きくないと、結局たいしたものを入れられないということもあり得ます。一つ一つのポケットに具体的に入れるものがイメージできるようなタイプがおすすめです。頑丈で軽く、収納力が高いもの、かつ金額的にバランスのとれたものがよく選ばれています。子どもの6年間のパートナーとして、使いやすいランドセルを選んであげたいです。